香取神宮@千葉県香取市

香取神宮@千葉県香取市 ~伊勢神宮、鹿島神宮、香取神宮のみが「神宮」と称すことを許されたとても格式高い神社~

香取神宮@千葉県香取市

ご由緒

香取神宮は、日本全国にある約400社の香取神社の総本社、下総での一宮となります。

諸説ありますが、創建は初代神武天皇18年と伝えられています。
筑波山神社と同じく約3000年の歴史はあるかと思われます。

古代においては、東国の守護神として大和朝廷の東国経営の一翼を担い、
中世には下総国の一宮となり、
江戸時代には徳川幕府の庇護を得ました。

明治以前には伊勢神宮、鹿島神宮、香取神宮のみが「神宮」と称すことを許されたとても格式高い神社です。

御祭神は、経津主大神(ふつぬしのおおかみ)。
経津主大神(ふつぬしのおおかみ)は、古事記・日本書紀・ホツマツタヱにも出てくる武神です。
あしはらのなかつくが悪党たちで荒れていたのを
武甕槌大神(たけみかづちのかみ / 鹿島神宮の御祭神)の二神と共に鎮めました。

二神は大国主神から、平国の広矛(くにむけのひろほこ)を受け取り、日本の国を平定して、天照大神の元へ復命されました。

ご利益

家内安全、産業(農業・商工業)指導の神、海上守護、心願成就、縁結、安産の神として深く信仰されています。
さらに、その武徳は平和・外交の祖神として、勝運、交通 安全、災難除けの神としても有名です。

境内

楼門

楼門は本殿同様元禄13年の幕府造営のものです。三間一戸で、様式的には純和様で構築され丹塗りが施されています。屋根は入母屋造銅板葺ですが、当初はとち葺でした。
楼門内安置の随身は俗に左大臣右大臣と呼ばれていますが、正面向かって右の老人像は「竹内宿祢」、左の壮年像は「藤原鎌足」と伝えられています。 また楼上の額は 「東郷平八郎」の筆によるものです。

この楼門は上下階のバランスが素晴らしく、香取神宮のシンボル的な建物となっています。(昭和58年重文指定)

~香取神宮HPから~

三本杉

本殿の西に位置し、源頼義公の祈願により三又に分かれたといわれています。
真中の杉が空洞になっていて、この空洞の中に入って願い事をすると叶うとか!?

本殿

元禄13年(1700年)徳川幕府の手によって造営され、昭和52年に国の重要文化財として指定されました。屋根は、檜皮葺(ひわだぶき)、黒漆を基調とした色合いに極彩色で彩りを加え、御神威の大きさを感じさせます。
平安時代には伊勢の神宮と同様に20年ごとのお建替の制度がありましたが、戦国時代には衰退しました。

要石


古くより、この地方は大変地震が多く、人々はとても恐がっていました─これは、地中に大きなナマズが住み着いて荒れ騒いでいるのだと。香取・鹿島両神宮の大神様等は、地中に深く石棒を差し込み、大ナマズの頭尾を刺し通されたといいます。当神宮は凸形、鹿島は凹形で、地上に一部を現し、深さ幾十尺と伝えられています。貞享元年(一六八四)水戸光圀公が当神宮参拝の折、これを掘らせましたが根元を見ることが出来なかったといわれています。

アクセス

電車

JR佐原駅下車、タクシーで約10分。
佐原駅よりバスをご利用の場合は、こちらから

高速バス

東京駅から香取神宮前までの高速バス。
香取神宮前下車、徒歩5分。
東京駅から関鉄グリーンバス「鉾田駅行き」時刻表は、こちらから

東関東自動車道 佐原香取ICから約1.5km

住所

〒287-0017 千葉県香取市香取1697-1
TEL : 0478-57-3211 FAX : 0478-57-3214

地図

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする